スループット

特定の時間における処理できるデータ量のこと。スループットが高ければ高いほど処理能力が高いと言えるため、性能比較などで何らかの値を基準に比較・参照されることが多い。