BYOD

Bring your own deviceの略語で自身の所有するスマホやタブレット、ノートパソコン等を社内に持ち込んで業務に使う試み。クラウドが発展しセキュリティリスクが低くなっている事もこの施策が広まりつつある一因となっている。