第三者保守サービスとは? 利用するメリットや選び方をわかりやすく解説

 2022.02.24  株式会社エスエーティ

パソコンやサーバーなど、ハードウェアに不具合が生じたときはメーカーサポートに相談するのが一般的です。しかし、サポートが終了していると対応してもらえず、自ら対策を講じなくてはなりません。このようなとき活用できるのが第三者保守サービスです。本記事では、第三者保守サービスを導入するメリットや、選び方を解説します。

第三者保守サービスとは? 依頼するメリットや選び方をわかりやすく解説

第三者保守とは

第三者保守とは、メーカーではない第三者の専門企業が、保守サポートを行うことを指します。通常、メーカーのサポートに入っていなかったりサポート期間が切れたりした機器は、故障や不具合が発生しても対応してもらえません。
ほとんどのメーカーは自社製品へのサポートを行っています。しかし、こうしたサポートサービスは永続的なものではなく、期間を設けるのが一般的です。

サポートが終了すると、技術的な問い合わせをはじめ、メンテナンスや修理に対応してもらえないケースがほとんどです。そのため、不具合が起きた際に迅速に適切な対応ができず業務に支障をきたす、といったデメリットが発生します。こうしたサポート終了後の機器に対する運用上の課題に対し、解決策の一つとなるのが第三者保守サービスです。

次章からは、第三者保守サービスを利用する具体的なメリットについてご説明します。

延命保守サービス

延命保守サービス

SATの延命保守サービスはメーカー保守サポート終了後もITシステムの長期稼働を実現できます。
本資料では、延命保守サービスの特長や対応するメーカー、障害対応時の流れなど詳しく紹介しております。

資料ダウンロード

第三者保守サービスを利用するメリット

第三者保守サービスの利用を検討している方にとって、どのようなメリットを得られるのかはもっとも気になるところでしょう。以下、具体的なメリットをピックアップしました。

コストの削減ができる

第三者保守の利用により、製品の稼働期間を伸ばすことでシステムの移行にかかる初期費用を削減できるというメリットがあります。たとえばハードウェアのメーカーサポートが5年で切れる場合、メーカー保守期間とあわせてシステムの購入をするとなれば20年で4回のシステム移行が必要となります。仮に延命保守を利用してメーカーサポート終了後に1年間システムの延命を図ることができればシステムの稼働期間を6年に延ばすことができ20年で3回のシステム移行をする計算になります。移行の回数が減ればそれだけ新しい機器の購入や構築にかかる初期導入費を抑えられコストの削減につながるでしょう。

保守が切れた機器を継続利用できる

保守が切れた機器を使い続けていると、突発的に故障が発生したとき対応できません。その結果、業務の遅延やサービス品質低下などのリスクが考えられますが、第三者保守を利用すれば安心して事業を継続できます。

何か起きたときにきちんと対応してもらえるため、使い慣れた機器の使用を継続できるのはメリットといえるでしょう。

買い替えまでの延命になる

ハードウェアを買い替えるとなれば、それなりの費用や期間を要します。製品の選定や購入、設定などやるべきことも多く、実際に稼働するまでに時間がかかります。移行スケジュールとハードウェアのサポート終了期間が合わず、移行が完了するまでにメーカー保守終了日が訪れることもあるでしょう。第三者保守を利用すれば、新しいシステムが稼働するまでの間以前と変わらず機器を使用することが可能です。

買い替えが完了するまでに、ハードウェアが故障してしまう可能性は十分あります。サポート切れの製品ではメーカーに相談もできず、その間通常通りの業務を行えないおそれもありますが、第三者保守を導入していればこのような心配はありません。

また、費用的な問題で機器の買い替えを進められない、といったケースもあるでしょう。このようなシーンでも、第三者保守を利用していれば安心して機器の継続利用をしつつ、買い替えの資金を貯められます。

第三者保守サービスの選び⽅

第三者保守サービスを提供している企業はいくつもあるため、何を基準に選べばよいのか悩んでしまう方もいるでしょう。

優れた修理技術を有しているかどうかは、業者のHPに記載されている過去の実績や営業年数などからある程度判断できます。長くサービスを提供している企業であれば、専門性の高い技術やノウハウを有している可能性は高いでしょう。
また、対応スピードが速い業者を選ぶのも基本です。機器のトラブルは突発的に発生するケースも多いため、対応スピードが遅いと業務に支障をきたします。速やかに対応してくれる業者を選びましょう。 併せて、対応可能時間もチェックしておくと安心です。

さらに、安心できるパーツを利用できるかどうかも気になるポイントではないでしょうか。
メーカーからのパーツ販売が終了していることもあり、第三者保守にはリユースパーツを使うことがほとんどです。保守で利用するパーツに高い品質が確保できるかは、保守サービスの品質にもつながるため懸念されることが多い点かと思います。

延命保守サービス

SATの延命保守サービスはメーカー保守サポート終了後もITシステムの長期稼働を実現できます。
本資料では、延命保守サービスの特長や対応するメーカー、障害対応時の流れなど詳しく紹介しております。

延命保守サービス

資料ダウンロード

第三者保守ならSAT(エスエーティ)

株式会社エスエーティ(以下、SAT)は、2006年に設立された企業で、東京本社のほか大阪などにもオフィスを展開しています。ITハードウェアの保守事業を行っており、第三者保守サービスも提供しています。以下、SATの特徴をピックアップしました。

保守の技術力が高い

SATの強みとして、技術力の高さが挙げられます。SATには、IT機器メーカーで活躍していた技術者が多数在籍しており、さまざまな機器や大型ハードウェアにも対応できます。
また、あらゆる機器の保守に対応できるよう、専門チームを組んで日々保守開発を行っているのも特徴です。サポートの終了期間が明確になっている機器に対しても、専門チームが分析を行ったうえで対応を考えており、迅速で確実な作業ができます。

サポート体制が強い

SATは、東京や大阪、福岡にオンサイト拠点を展開し、全国エリアでオンサイト対応が可能で、強固なサポート体制を構築しているのが強みです。

自社にコールセンターを設置しており、24時間365日の障害受付に対応しているのも強みといえるでしょう。突発的なトラブルが発生したときも、時間を気にすることなく相談できます。障害受付のみならず、関東に関西、九州エリアにおいては、一部地域を除き24時間365日体制で現場へ駆けつけられる体制を整えています。

保守パーツの調達力・品質管理体制に優れている

SATは、国内外に部品調達ネットワークを構築しており、さまざまなメーカー機器の部材を入手できる体制を整えています。

また、入手する部材に関しても高い品質の部材をそろえられるよう調達元の検査に加え、自社でも入荷後に検品をおこなう二重検品体制を整えています。調達したパーツに問題があると、かえってハードウェアの寿命を縮めてしまうおそれがあります。そのため、SATでは自社内に検査設備を導入し調達した部品を丁寧に検品したうえで保管・保守利用しています。たしかな技術力とノウハウのもと部品の検品を行うことで高い品質の部材のみを保守に利用し、保守作業後も機器が安定稼働できるよう努めています。また、東京や大阪、福岡エリアに部品配備拠点を設置しており、24時間配送ができる体制を整え、機器のトラブルが起きた際には速やかにパーツ手配をしてオンサイト作業が実施できるような仕組みを構築しています。

まとめ

メーカー以外が修理やメンテナンス対応を行う第三者保守を受ければ、サポートが終了した機器でも安心して継続使用が可能です。コスト削減や買い替えまでの延命もできるので、導入する価値は十分あるでしょう。

IT機器の保守業務を専門的に行っているSATは、豊富な経験とノウハウを有し、高品質な第三者保守サービスをご提供できる環境を整えています。この機会に、ぜひ導入をご検討ください。

延命保守サービス

RECENT POST「第三者保守」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
延命保守サービス