アジャイル開発

開発手法の一種で、必要最低限の機能を実装した上でリリースし、その後開発しながら完成系を目指す開発手法のこと。サービスを運用していく中で発生するユーザーからのコメントなども反映させながら開発を進められるためクオリティの高い製品にブラッシュアップすることが容易である。